腰痛で入院したい・・・あなたはそれでいい?治療にならない可能性

 

佐藤です^^

 

○腰痛を解消するために、入院したい

○どうしたら入院できる?

○入院すれば、解消できる可能性を感じている

 

腰の痛みを感じてしまうと、

藁にもすがる思いで、解消したい。

強く思いますよね。

 

かつての私も、実際に腰痛解消できずに、

悩んでいる時期があったので、当然、

その悩み、、、理解できます^^;

 

ただ、病院に入院することで、

本当に治療となり、腰痛をなくすことができる?

というと、ちょっと待ったほうが良いかもしれません。

 

その根拠となる内容を、

今回、明らかにしていきます。

 

腰痛は入院する必要がある?
腰痛は病気なのでしょうか。この点を整理すると、具体的な対応策を、把握することが可能です。実際に、腰痛は、病気なの?病気だったら、入院の必要性があるけど、、、じゃなければ、、、どうしたら良い?というポイントを整理ていきたいと思います。

腰痛で入院したい・・・あなたはそれでいい?

 

腰の痛みが強く出て、

それが長期間続いていくと、

同しようもない痛さに襲われて。

 

 

『もう!入院した方がいい!』

『医者よ!なんとかしてくれ!』

『この痛みを、早く何とかしたい!』

 

 

という状況にあると、

入院してでも、どうにかしたい気持ちになるのは、

当然のことだと思います。

 

 

◯でも、そんなこと考えている時点で解決はできない

 

 

ということは、断言できます。

なぜなら、腰痛は病気でもなんでもないからです。

これは、入院費、入院比率のデータを見ても明らかなことです。

 

下記の画像をご覧ください。

 

 

 

 

腰痛症などの診断を受けている、

患者の総数を表したデータです。

 

このデータは、価格ドットコムという

サイトで、『厚生労働省の医療給付金実態調査』を

基に、まとめられたデータとなります。

 

つまり、国自体が整理しているデータですから、

信憑性が高いですよね?

先程の内容で、理解できる部分があります。

 

 

『腰痛入院は、総額20万円近くかかる』

『入院の手術率が、1%もいない状況』

 

 

というわけです。

近年腰痛で、手術をしている方が

減ってきている?とも言えますね。

 

もっと、深掘りすれば、

腰痛を解消するために、医者に頼ろうとする方が、

減ってきている状況があるのではないでしょうか。

 

 

一番いい例として、私が挙げられます。

私は根本から、腰痛を解消することができました。

 

今回の内容では、

医者には頼らず、実際に腰痛を解消できる可能性。

これを、広げる方法について、整理させていただきます。

 

ぜひ、一緒に整理して頂けると嬉しいです^^

病院に頼ることとは?

 

病院に頼るということは、

医者という肩書があるだけで、信頼がある。

そう考えることができると思います。

 

 

『依存している状態は、かなり危険な状態』

 

 

ということに、早い段階で気づいた私は、

病院へ通うことを辞めたんですよね^^;

 

依存の危険性と言えば、代表例として、

タバコがあります。タバコは依存性と、習慣性。

両方で、辞められない状況が続いている方がいます。

 

 

 

『タバコの特徴は、依存し続けると、知らぬ間に体を蝕んでいる』

 

 

という状況になりますよね?

病院に腰痛改善を、頼む、ということは、

タバコに依存している状態に近いです。

 

なぜなら、病院は、保存療法メイン。

つまり、今出ている痛みが解消すれば、病院の

役割は、それで終わりだからです。

 

 

痛みを、和らげさえすれば、任務完了。

腰痛の根治を目的としていません。

 

この危険性に気づかれている方は、

腰痛改善に、病院を利用しませんし、

そもそも、手術や入院を望みません^^;

薬に頼り続けることとは?

 

つまり、薬の目的も、

病院の裏事情を知れば、知るほど、

理解できてしまうんです。

 

風邪薬は、炎症を抑えて、

『風邪を、治りやすくするきっかけづくり』

をしますよね?

 

 

腰痛の薬は、

『痛み止めや、筋弛緩剤という薬』で、

一時的な痛みの緩和を目的。

 

問いしてる状況です。

現在の痛みが、根本からなくなる起爆剤

って言う感じになるかというと。

 

 

『決してそんなことはない』

 

 

と、ここまで、進んで頂けた方は、

理解できる内容かと思います^^

 

じゃあ、結局どうしたら良いの?

という部分について、実践方法を最後に

まとめてみましたので、ご覧いただけたら嬉しいです^^

 

治療にならない可能性をはらんでいる状況

 

ここまで、進んで頂けたあなたは、

病院に通う必要性と、意味を疑ってしまう。

そういった状況かと思います。

 

じゃあ、どうしたら腰痛は改善するの?

痛みとは無縁の生活を送ることができるの?

 

という部分。

かなり、不思議に思われる方も多いです。

 

 

実際に私は病院に頼らず、

他の機関に依存せず、腰痛を改善していったわけですが、

その手順について、最後にまとめさせて頂きます。

 

 

ポイントは、治療機関などをうまく活用する

 

 

というものです。

下記から確認できますので、

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

一番手っ取り早く真の情報を得る方法

私の体験記を、全て公開している内容です。
下記から、全て確認できますので、参考にしてみてください^^

佐藤の腰痛改善体験記を確認してみる

 

じゃあどうするべきか

 

実際に私は体の痛みを改善するために、

まぐれで、痛みを改善できたのか?というと、

そうではありません。

 

 

『痛みがある原因を直接やっつける方法』

 

 

これを、実践したので、

痛みから開放されることに成功しています。

実際に、痛みから開放されると、

生活レベルが上がりますし。

 

有意義な時間を過ごすことができています。

じゃあ、実際に治療期間を有効活用する方法ですが、

次のポイントがあります。

 

 

 

 医療機関で診断を受ける

 診断を受けたら、症状別に対処する

 痛みが消えたら、再発予防に専念する

 

 

 

という、具体的な流れです。

実際に、どういった流れで、対応していくかは、

下の内容となります。

 

医療機関で診断を受ける

診断を受けると、腰痛の場合は、

腰痛症とか、原因不明とか、ヘルニアですとか。

 

診断名を言われることがありますね。

この診断名をうまく使っていきます。

 

私が初めて腰痛に関する本を読んだのは、

下の本なのです。これ、ちょっと、理由付けが、

偏っているので、腰痛の原因とか、メカニズム。

 

 

どうして腰痛は、99%以上、完治させることが可能なの?

 

 

という、理由が理解できます。

 

 

この本以外にも、腰痛、体の痛み関連の本を、

ず~っと、ツタヤで読んでいた時期があります。

 

 

すると、腰痛改善に必要な共通点

 

 

これが、見えてきたので、

その体験記を、私のメールマガジンで、

公開している状況です。

 

具体的な、医療機関の活用方法。

更には、痛みから解放される具体策について、

一連の流れを解説させていただいています。

 

腰痛は、大金を支払わなくても、

一定水準の、自分への投資をすることで、

痛みから解放されるケースが非常に多いといえます。

 

佐藤の体験記はコチラから確認

 

上記のリンクから進んで頂けますと、

私がどうやって、体の痛みから開放されてきたのか。

具体的な流れを、確認することができます^^

 

それでは、今回は以上となります。

佐藤でした!

 

 

コメントを残す